家族葬で喪主は参列者をどの範囲までよぶべきか

家族葬をしようとしたときに、喪主にとって最初に問題になるのが、どの範囲まで声をかけるべきかということです。家族葬だからと言って完全に家族のみで行っていいものなのか、あるいは親戚には一応声をかけるべきなのか悩むところでしょう。親戚だからと言って全く付き合いがなければ、呼ばなくても良いような気がしてくるものですが、生前故人とは特に親しかった人には参列してもらった方が良いのか、近親者のみという以上、どんなに親しくても他人は呼ばないのか、悩むところになります。

この問題は、はっきり言ってしまえば決まりはありません。つまり、喪主は家族葬に呼ぶ範囲の基準を自分の判断でして構わないということです。とは言っても、そこにはやはり喪主自身のきちんとした判断基準がなくてはなりません。それは、家族の考え方で決まってきます。たとえば本当に家族だけで過ごしたいというのであれば、たとえ親族であっても呼ぶ必要はありません。家族だけで濃密なひと時を過ごすことができます。親戚だからといって一人を呼べば、どうしても他の親族も呼ばざるを得なくなってきます。誰も呼ばないのなら、それはそれで納得してもらいやすくなります。

次に、親族ではないけれど故人がとても親しくしていて、お世話にもなっている大切な友人だというのならば、たとえ他人であっても声をかけても大丈夫です。家族以上に濃密な時間を過ごしてくれた友人だからこそ、お葬式に来てもらうのはそれこそ意味のあることでしょう。最後に最も問題になるのが、来てもらった方が良いのか来てもらわなくても良いのか判断に迷う人のときです。こんな時には、来てもらう方を選ぶべきでしょう。迷うということは、それだけその人が故人と近しいということです。のちのち恨み言を言われることもありますし、自宅に直接訪ねてくることもあるので声をかけておく方が無難です。