家族葬で喪主が知るべき葬儀の流れ

家族葬を行うにあたって、喪主はお葬式を行う前に様々なことを決めておかなくてはなりません。まず最初に行うのが、参列してもらう範囲を家族みんなで相談して決めることです。これは家族内であっても家族葬の範囲をどう考えるのかは人によって違うからです。親族をどの程度まで含めるのか、どこまで連絡をするべきか、微妙な問題です。そして、参列者から香典をいただくのかどうかも話し合っておくべきです。

次に、家族葬を行うと決めたら喪主はお葬式は家族だけで行うことを親戚の人々に知らせます。そして、できることならきちんと理解してもらうようによく話します。そうしないと後でトラブルになったりすることもあるからです。また、隣近所の人たちにも知らせた方が良いでしょう。今では少なくなったとはいえ、いまだに隣組がお葬式を取り仕切るような風習が残っている地域もあります。これも近所の方々の理解を得るように話しておくべきです。そして最後に、参列をお断りする人たちにはきちんと文書を送り、香典などを辞退する時にはそのことを書き添えておきます。

周囲への配慮が終わったら、葬儀社を手配します。まずは見積書を出してもらうと良いでしょう。そしてその提出された見積書をよく検討しなくてはいけません。なぜならば、余分であったり、余計なものが入っていたりすることもあるからです。そして、見積書以外の出費がないかどうかの確認も必要です。後日追加の費用を請求されないようにするためです。最後に、家族葬ということを事前にお伝えしていても、当日来られる方もおります。そんな時のために通夜のお料理は少し多めに用意しておく方が良いでしょう。また、返礼品も同様に事前に用意しておきます。