家族葬で喪主が被るデメリット

家族葬のデメリットとしては、喪主が事前に家族葬で行うということを皆さんにお知らせしているために、当日は来なかったとしても、お葬式以後にお客様が訪ねてくる可能性があるということです。一般的なお葬式ならその日一日ですべての参列者に挨拶できますが、家族葬の場合は参列者が限られている分だけ、参列できなかった人が後日訪ねてくる可能性が高いのです。また、故人の交友関係が広い場合はなおさらです。

しかし、これらのこともきちんとした用意をしておけば、問題はなくなります。つまり、今回のお葬式は家族葬であること、近親者のみの小さな会であること、そしてこのような形にしたのは故人の遺志であり、それを尊重した結果だということをちゃんと書面にして皆様にあらかじめお伝えしておけば、ほとんどの人は納得してくれます。それどころか、近親者だけのささやかな、心温まるお葬式に対して温かい目で見てくれることになるでしょう。

次に費用の点で一般葬よりも高くつく可能性があります。通常、一般葬では参列者の人数に応じて通夜の料理と接待費用、それに会葬者への返礼品が大きな費用になります。しかし、香典の辞退などの特殊なことをしなければ、実際には香典の収入を見込むことができますから、それなりの金額が手に入ります。これによってある程度賄うことができるのです。しかし、家族葬ではその金額は全く期待できません。お葬式の費用はすべて喪主自身が支払わなくてはならないので出費が大きくなることが多いです。ただし、これもやり方次第であり、事前に費用を確認しておけば通常は一般のお葬式よりも低く抑えることができます。