家族葬で喪主が考えておくべきこと

家族葬で喪主が考えておくべきこと お葬式は、家族にとってはとても大変なものです。これはお葬式自体が最初から準備できるものではなく、突然にやってくるものだからでしょう。また、家族にとっては悲しみの中で立ち直れずにいる状態でお葬式という大きなイベントをしなくてはなりません。これも大きな負担になっています。特に喪主はいつまでも悲しんでばかりではお葬式を無事に済ませることはできません。故人にとって最後の大イベントなだけに、きちんと終わらせたいと思うのが人情でしょう。

最近は家族葬というお葬式の形態が注目されています。これは友人や知人を呼んで行う一般的なお葬式とは違い、家族だけのごく少人数で行われるお葬式のことを指し示しています。この形式が注目されている点は、やはり喪主をはじめ家族の負担が軽くなるという点です。他人を呼ばない分だけ余計な緊張を強いられることなく、穏やかに行うことができます。また、故人が生前から大げさなお葬式を快く思っていない場合もありますが、そのような場合にも対応することができます。自分のお葬式は家族だけでひっそりと行ってほしい、という考えの人は意外に多いものです。そして、費用の点でも安く上がることが多くあります。

最近注目を集めている家族葬ですが、昔からある密葬とはどのような点が違うのでしょうか。まず、家族葬とは家族などの近親者のみで行うお葬式のことです。これは昔の大家族から核家族化した現代に生まれた形式で、お付き合いや義理で仕方なく来てくれる人にはなるべくそんな配慮をさせないようにしたいとか、あるいは経済的な事情からなるべく簡単で費用のかからない方法でやりたいという要望から作られた現代のお葬式ともいうべきものです。これに対し密葬は、一般的には家族葬と同じようなものとしてとらえられることが多くありますが、実際は全く異なります。密葬とは、後日社葬などのように正式な通知を出してする本葬の前に、内々で火葬をしてしまうことを言います。大々的にする本葬は、それこそ準備も大掛かりになりますので時間もかかります。そこでその前に近親者のみで火葬をしてしまうわけです。

現在、なぜ家族葬を選ぶ人たちが増えているのかというと、家族葬は一般的に行われるような形式的なお葬式にはならず、家族が主体となって催す故人との最後のお別れ会のため、それだけ心のこもったお葬式になることが多いからでしょう。ただ、気を付けるべき点が多いのも事実です。単に経済的な面だけを考えて故人の意思を無視したり、周囲の人々に無礼な印象を与えたりすることがないように、十分に注意をしなければなりません。

最新ニュース